移動速度とストッピング判定とDEの秘密とガウス分布

こんにちは。ジュニアです。

今日はCSGOデータ解析部ということで
移動速度とストッピング判定、そしてそれに秘められたDEの秘密に迫っていきます。

移動速度について

武器によって移動速度が異なるのは皆さんご存知だと思います。
ゲーム内コマンド “cl_showpos 1” で実際に移動スピードを表示することが出来ます。

▼画面左上に名前、座標、見ている角度、移動速度が表示されます。

これで気になる武器の移動速度などを調べられたりするのですが
まぁいちいち調べるのは面倒だと思いますので、大事なことだけ羅列させていただきます。

移動速度で覚えてほしいこと
・ナイフの移動速度は250で一番早い。C4も250。投げ物は245で、ピストルは240。

・移動時の加速は、持っている武器の速さに比例する。それを表すグラフはまだ見つかっていない。

・ジャンプ時に移動速度は保存される。
つまりナイフで250出したままジャンプした後にAWPに持ち替えても空中では250のまま。

この3点だけです。
それぞれの武器の最高スピードはこちらのビッグデータに収められていますので興味のある人は見てみてくださいね。

ストッピング判定について

まぁこんなサイト見てる皆さんはストッピングなんて呼吸と同じように出来てると思いますので
ストッピングのやり方は割愛させていただきます。

実はストッピング判定を調べるコマンドもこのゲームには存在します。

weapon_debug_spread_show 1
cl_crosshairstyle 3

この2つのコマンドを撃つと、このようにクロスヘアの周りに黄色いデバッグクロスヘアが表示されます。
そしてこのデバッグクロスヘアは、武器の集弾率をそのまま表しています。
この四角の中に絶対弾は飛ぶということです。

ではこれを使って、止まってる時、歩いている時、走っている時、しゃがみ移動の4つのパターンを見てみましょう。

▼止まってる時。普通。

▼歩いている時。少し広がる

▼走っている時。大きく広がる

▼しゃがみ移動の時。止まってる時とほぼ同じ。

そうなのです。
このゲーム、しゃがみ移動時にストッピングは必要なく、そのまま撃っても真っ直ぐ飛びます。

これが可能とするテクニックは2つです。

  • しゃがみながら移動し、敵が見えたらストッピング動作の時間を省いてそのまま速く撃てる

このテクニックは、使う場面を間違えなければプロでも使うほど強いので試してみるのもオススメです。
しかし基本的には敵が見てそうな場所には走って出たほうが強いです。
ちょっとどの場面で強いかは言葉で説明出来ませんので強い人に聞いてください。

  • ストッピングしてしゃがみフルバーストした後に、そのまま横に移動する

このテクニックは俗に「クラブウォーク(カニ歩き」と呼ばれるテクニックです。
プロでも多くのプレイヤーが使ってます。というか、理論上は最強です。
しかし、クラブウォークは移動速度が遅く、そんなに敵の弾は避けれない割にはリコイルコントロールが非常に難しくなるので
全てのシチュレーションで有効とは限りません。

それでも本来は止まったままではないと出来ないフルバーストが、少しでも移動しながら出来る点に大きな利点はあります。
例えば壁に90度で張り付いたまま逃げたり、スモーク抜きをしたまま少しずつ移動して敵に逆に抜かれずらくするなど。
可能性は無限大です。

ちなみに、AKは移動速度75以下なら真っ直ぐ飛ぶので、ストッピングちょっとだけして75になった瞬間に、しゃがみと横移動を同時に押すととんでもないクラブウォーク撃ちが出来るんですけど、これは余りにも上級テクすぎるので秘密にしておきます。

あと、こういうクラブウォークはやめましょう。怒られますよ。

切り返し撃ち

ストッピング判定はただ移動速度のみによって決まります。
右移動をしてるときに左移動に切り替える場合、かならず移動速度が0になる瞬間があります。当たり前ですね。
その一瞬に弾を撃つのが切り返し撃ちです。

例えばAKの場合は、完璧にやれば切り返し時に2発を真っ直ぐ飛ばすことが出来ます。

これと同じ動作はピストルやAWPでも出来ますので、練習したことにない人は是非練習してみてください。

DEの秘密

DEには謎の調整がされています。
それは、ジャンプ着地時に集弾率が戻る速度が異常に遅いということです。

すべての武器はジャンプ着地時には真っ直ぐ飛ばないようになっていますが、それがDEだけ以上に遅いのです。

ジャンプ着地時とは書きましたが、何かの箱の上から飛び降りても同じようになります。
これをすぐに元に戻す方法は、しゃがんでリカバリータイム(集弾率が元に戻る時間)を速くするか、武器をチェンジするかです。

一体誰がこんな仕様に気づいたのでしょうか?
ただ一つ分かるのは、その人は相当な暇人だということですね。

ガウス分布と集弾率

weapon_debug_spread_showで表示されるデバッグクロスヘアは、武器の集弾率を表すと言いました。
この四角形の中に弾は集弾するのですが、これはただランダムに集弾するのではありません。

実はガウス分布によって支配されています。

  • ガウス分布とは?

ありがとうございます。

(追記)

実は更に、大数の法則と中心極限定理によっても支配されているという情報をいただきました。

  • 大数の法則とは?
  • 中心極限定理とは?

ありがとうございます。

実際に壁に50発撃って実験して見ました。つまりこういうことです。

つまり四角形が広くても、まぁほぼほぼ真ん中に飛ぶように出来ているということですね。
それでも弾を外してしまった場合は「あーこのゲームガウス分布だからなー!」と言えば皆許してくれるでしょう。

まとめ

長くなりましたのでまとめのほうに入らせていただきます。
ぶっちゃけこれだけ覚えて帰って頂ければ幸いです。

今日は大切なことを学んだ
・クラブウォーク撃ちを練習しろ

・切り返し撃ちを練習しろ

・ガウス分布を言い訳に使え。知らないやつは大体黙る。

・中心極限定理でもいい。

それでは皆さん、さようならー。

投稿者プロフィール

JUNiOR
JUNiOR
・CS1.6世界大会出場
・CS:S世界大会出場
・CSGOアジア大会出場
日本で唯一CS1.6とCS:Sの両タイトルで世界大会出場したことのある伝説の男。
人々からは「あいつは連続キルが得意だ」と恐れられている。
好きな米はコシヒカリで、好きな豆はピスタチオ。
好きな寿司のネタは秘密。

1 個のコメント